婿殿は地縛霊

婿殿は地縛霊に出てくる『ブリヌイ』はロシアの大定番料理だった!

ヨールキパールキの書くエロ漫画『婿殿は地縛霊

作品の中で伯爵が料理とかするんですが、そこで出てきた『ブリヌイ』という言葉。

ブリヌイ?

 

調べてみると、ブリヌイはロシア料理で、どこの家庭でも作られるし、ブリヌイのファーストフード店もある程、ロシアでは定番料理みたいです。

 

いや、エロ漫画なんだしそんなところぶっちゃけどーでもいいんですがww

エロ漫画も好きだけど、それと同じくらい食い物も好きだから気になったもんでね。

婿殿は地縛霊に登場するブリヌイを調べた(笑)

先程も言いましたが、ブリヌイはロシア料理。

直径13センチメートルから18センチメートルくらいの薄いクレープやパンケーキに類似するロシア料理の1つである。

引用:Wikipedia

薄い記事という事は、本当クレープの様な感じみたい。

16世紀くらいからもう食べられていたそうで、ことわざにもなる程メジャーな食べ物。

ちなみにこんな感じの食べ物らしい

画像出典:photoAC

ブリヌイは、小麦粉、塩、砂糖、卵、ヨーグルト、牛乳を混ぜてイースト菌で発酵させたのが生地で、そこからフライパンで薄~く焼いていくそうです。

一般的な食べ方としては、そのまま食べたり、具をのせたりして食べる。

乗せる具材は、甘い系だとフルーツやジャム・はちみつなどで、しょっぱい系だとイクラやサワークリーム・サーモンやキャビアが、ロシアでは一般的だそう。

 

ブリヌイ」で調べると色々画像出てくるので実際に見ると良いかもです。

どれもうまそうだ。

食べ方に関しては色々あるみたいで、基本的には好きなものを挟んだり乗せて食べるみたいです。

 

ブリヌイはロシア人なら絶対に1回は食べているし、知らない人はいない程のメジャーな食べ物。

焼いた時の形が丸いから、太陽の象徴とも呼ばれている為、儀式でも食べられたり先祖のお供え物としても使われているそうな。

 

 

「婿殿は地縛霊」では、ニーナが

「ブリヌイ。いちごのやつ」って言って伯爵に食事のリクエストをしてたが、あれはおやつ?食事?

少なくとも作品の中では3回位「ブリヌイ」が名前だけ登場する。

そしてニーナはブリヌイ好き(笑)

ヨールキパールキの『婿殿は地縛霊』
▼無料試し読みはコチラをタッチ▼

無料試し読みする